abulageの日記

字数無制限のつぶやき

沖縄語勉強法 考察

 

沖縄語の入門―たのしいウチナーグチ

沖縄語の入門―たのしいウチナーグチ

 

  この本を何回か読んだところ、ある程度の沖縄語は聞き取れることはできたし、ちょっとした物事であれば言い表すことができるようになった(はず)

 しかし、文法が体系的に掲載されていない部分があり、正確な沖縄語表現が全くできる気がしないのが悩みだ。特に重要になってくるのが用言(動詞、形容詞など)の活用であろうが、その活用表がとても頼りない。不規則活用する動詞の活用表は載っていない。語彙も少ない。

 それを補うように文法書を読めばがよいが、なにせマイナー言語な分、文法書が少ない。

 

実践うちなあぐち教本

実践うちなあぐち教本

 

  幸いなことに、この本のように文法を体系的にまとめた書籍は販売されているが、500ページ超もあり、はじめから読んでいくと挫折する。例文がとても豊富なので、例文を暗記しまくる戦法で攻めようとしても、CDはなく、また記載方法が確立していない言語でもあるので、どのように読んでいっていいのかわからない。

 

 俺が次にマスターしていきたいのは、とにかく用言の活用を覚えることだ。そのためには、用言を同時に覚えないといけない。これにより、単語増強も図れる。沖縄語マスターにまた一歩近づく。

 

 語学は慣れというが、慣れるような環境にないマイナー言語を習得するには、文法からじっくり攻めるのが有効だと思っている。機会がない分、テクニック(文法)で補う。

 

 文法といえば、学生時代に勉強した古文がある。

 古文は、実際の教育に導入されているので、もちろん文法規則もその指導法もしっかり整備されている、はずだ。

  あらためて、古文を勉強してみることによって、文法のどの部分を習得すればよいのかを研究するのも面白いかもしれない。古文と沖縄語はとても近い言語なのだから。

 

 あらたな趣味の発見だ。

 趣味:「古文から沖縄語に必要な文法知識を学ぶ。」