読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

abulageの日記

字数無制限のつぶやき

絶滅危機言語である沖縄語が使われたエンターテイメント

沖縄語

ありとあらゆる局面で国際化、それにより英語の重要性は増すばかり。


その一方で、沖縄語(方言、うちなあぐちと色々言い方はあるが、ここでは沖縄語と呼ぶ) などの少数言語はどんどん衰退する一方である。


沖縄語においては、条例を制定するなど県をあげて保護政策が取られている。


民間側でも、方言ニュースや沖縄語のカルチャースクール、沖縄語の参考書など、沖縄語の復興に向けて少しずつ基盤が整いつつある。


 しかし、これだけでは絶対普及しない気がする。真面目に普及させたいのであれば、この言葉を使ったエンターテイメントが必要だ。


と私個人的に思っているので、この記事では、沖縄語の面白さを堪能できるコンテンツ(abulage特選)をまとめまくる。


「すくちなタンメー」/ お笑いポーポー

沖縄でかつて放送されていたローカルお笑い番組「お笑いポーポー

現在でもyoutubeで幾つかネタを見ることができるが、その中でもこの動画は沖縄語がふんだんに使われている。

沖縄語を解さない方にとっては全く意味不明かも知れないが、

解る方が聞けば、その流暢で乱暴な言葉遣いの中に、面白さ、それだけでなく暖かさとノスタルジー、可愛さといったものも感じとることができるのではないだろうか。


じゅん選手の真骨頂!沖縄方言でドライブスルー注文/「こきざみぷらす」


じゅん選手は沖縄方言だけでオシャレメガネを買えるのか?/「こきざみぷらす」

数年前に沖縄で大ブレイクした芸人「じゅん選手」の動画

彼の動画は、「女々しくて」を沖縄語で歌っているものが大ヒットしたが、私はこの2つが好き。

今では珍しい、若い人の流暢な沖縄語をこの動画では堪能できる。

じゅん選手の言葉が凄いのは、余りにも自然すぎるところだ。沖縄語ネイティブであるオジーオバーが話すように沖縄語を話す。


今日はここまで

まだまだ面白いコンテンツがあるからドンドン更新していきたい。