abulageとことば

言語、語学学習に関することをメインに呟きます。語学の才能はないです。

現役バリバリで働いている人は健康か?


健康寿命を延ばす本当の要因 - Chikirinの日記

 

稲盛和夫さんとか、大前研一さんとか、実際に見たことも話したこともないから健康かどうかなんて俺には全然判断できないなぁ。

しかし、単に全世界飛び回ってビジネスの第一線で忙しく活躍してるからといって本当に健康なのだろうか。

有名な高齢者なんて会ったことないから、実際に会ったことある人の健康状態を参考にして、タイトルに記載していることについて判断したい。

 

まず、いま努めている会社の社長、団塊の世代よりもやや年上の社長。

その地域経済の重要人物でもあるらしい。

なんか新聞にも載っていたような気がする…

彼も、稲盛和夫よろしく、国内外飛び回って忙しく仕事をバリバリこなしているんだけど、どうも健康とは言い難い。なぜか?

薬を大量に飲んでいるんだよねぇ。

俺は実際に見たことないけど、社長秘書からよく薬の話をきく。

薬無くなったらどうなるんでしょう。

ゴホッ!!ゴホッ!! と咳しまくっているところをよく見かける。

 

よくお付き合いしている取引先の部長。

社長など役員はお飾りとして設置されていて、彼らは経営には口出ししないので、実質この部長が取引先のトップである。

この人はまさに団塊の世代

ある日、仕事の話をしようとして、取引先に電話をかけたら

「部長は本日午前中は病院にいっております」

という回答を事務員からもらってしまった。

また、別件の仕事について、予定を立てようと部長と日程調整していたら、

「あ、この日は病院に行かないといけない」

とまたいわれてしまった。

病院行き過ぎだろう。

 

別の取引先の部長について。

この取引先は上の部長とは逆に、仕事は部下に丸投げして自分は遊んでいる、まさに名前だけのお飾り部長だ。

この人も団塊の世代。オーバー60歳

この部長と、なにかの仕事について日程調整の打ち合わせをしていたら。

「いやーこの日は病院に行かないといけないからよう」

といわれた、この人も病院かー!!

 

最後に、また別の取引先の会長さん。

この人は60歳以上なのは確かなのだが、正確な年齢はわからない。

しかし、結構大きな会社の会長さん。

うちの社長と同じくらい国内外を飛び回っているらしい。

この会長さんと一緒にご飯とお酒を楽しんでいたとき、

懐から薬を取り出して飲み始めた。

私「何のくすりですか?」

会長「これねー血圧を抑える薬だよ。毎日飲まないといけないんだけど今日は忘れちゃってねぇ」

いや、お前、薬飲むくらいならお酒飲むなよ。

 

まあ、俺の実体験だけで判断すると、第一線でバリバリ働いているからって健康とはいえない。その健康は、薬や通院で何とか維持されているだけ。

もちろん、薬も飲まず病院も行かずにバリバリの健康高齢ビジネスマンもいるかもしれないが。

 

もしかしたら、上のブログで取り上げられていた、いろんな高齢有名人は

実は薬漬けだったのではないだろうか。

病院に定期的に通っていたのではないだろうか。

老化を原因とする様々な病気や体力の衰えを、

医療でカバーしていただけではないのだろうか?

 

有機肥料野菜しか食べない!!」

化学調味料は一切口にしない」

のように、明らかに神経を尖らせているような健康維持まではしなくとも

「酒飲みすぎたからしばらく控えよう」

「最近野菜不足だな。だから野菜を食べよう」

「軽いウォーキングだけでも週末はやろう」

くらいの、気遣いは必要だと思う。

 

でも、とある取引先の会長は、すこぶる健康そうでもあったなぁ。

76歳だが、お酒も飲む。ゴルフもする。仕事もバリバリこなす。

病院に定期的に通ってるかどうか、薬を飲んでいるかどうかはわからない。

しかしこの人は、俺によくこう言っていた。

「毎朝、起きたらぬるま湯を1杯のんで、1時間ウォーキングしているよ!」

やっぱ健康に気を使っているんだよ。

だから、上のブログで取り上げていた有名高齢者も、実際は健康に気をつかってたんだよ。森光子さんなんて毎日スクワットやってたし。

(みやざきはやおさんは、たばこを、すっていませんか) (アッ)