abulageとことば

言語、語学学習に関することをメインに呟きます。語学の才能はないです。

眠りたくない

島唄の中国語バージョン

 


梁静茹- [不想睡] MTV (RM) - YouTube

 

 

 不想睡~♪(眠りたくねええええ!)

と毎日のように思っているのだが、キチンと寝ないと昼は眠いしニキビも出来るので、毎日イヤイヤながら布団に潜りこんでいる。

 

 眠りたくないのは、その日が充実していないからだろう。仕事が終わった後は、家でのんびり読書、ネットサーフィンなどを楽しみたい。それで仕事のストレスを癒したい。しかし、仕事が終わるのは6時ごろ、家に帰ると7時ごろ。そこから風呂、飯の時間を差し引くと、趣味に興ずる時間は良くて3時間くらいになる。3時間で何ができるというんだろう。しかも残業や飲み会などが組まれると、貴重な自分だけの時間はほぼなくなってしまう。本やマンガを読んでも、テレビを見てもインターネットしても、満足できるほど楽しめない。3時間で満足できるわけがない。だから寝る時間を削って時間を作りたくなる…そうすると翌日に疲労が持ち越され、ニキビも大量発生する。

 このような平日を繰り返すと、貴重な週末は、疲れを癒すためだけの週末になってしまう。疲れは癒えても心は晴れない。なぜなら週末のフリーな時間を、睡眠以外の楽しいことに費やせなかったからだ。それで日曜日の夕方は、猛烈なサザエさん症候群に襲われてしまう。この症候群の恐ろしいのは、平日同様、睡眠時間を削ってでもインターネット鑑賞をしたいという依存症状だ。睡眠時間を削ると、ブルーマンデーにプラス疲労が加わる。キチンと寝ると今度は「楽しくない週末だった」と後悔が襲ってくる。ああ恐ろしきサザエさん症候群

 

 「眠りたくない」と思わずに毎日を過ごすには…どうすればいいのだろう。とりあえず俺の対策としては、できるだけ規則正しい睡眠週間をつけようと思っている。

 睡眠が規則正しくなると、ある一定の時間に睡魔が襲ってくようになるはず。これなら、どんなに眠りたくないと思っても眠らざるを得ない。

 また、睡眠の質が高まるのことにも期待している。睡眠の質が高ければ、睡眠時間は短くなり、覚醒時間もそれだけ増える。そして趣味に走る時間も増える。最高だ。でもこれはあまり期待しない。たぶん短くするのは俺の体質的に無理。

 趣味も計画をキチンと立てて楽しむべきかなーと思っているが、計画的にすると趣味が趣味じゃなくなる気がして、これはやらない。

 

 まずは規則正しい睡眠週間だ。