読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

abulageの日記

字数無制限のつぶやき

ブログ3日坊主を脱出したワケ 25記事(笑)でも大躍進

 まだ20日、25記事しか書いてないのにナニ調子乗ってんだ俺は

 

 いままで何回も、ブログを開いては3日で終わる、を続けていたけど、今回は3日以上続いている。

 

 なぜか?理由は「書こうかなと思っているネタが尽きないから」かもしれない。

 以前も書きたいことが沢山あったからブログを開設したが、3日くらいでネタとモチベーションがなくなって辞めてしまった。そういう経験があるにも関わらず、今回は続いている。なぜだろう。以前と今回で何が変わったっけか?ふと考えてみると、やたら何でもメモする癖を、俺は身に付けていたなーってことが思った。

 仕事に関することをメモしまくろうとメモ帳を肌身離さず持っていたが、仕事以外でもちょっとしたアイディアや備忘録など、いつのまにか何でもメモしまくっていた。とあるビジネス本の影響でメモ魔になっていた。結構便利よ何でもメモ帳。でもメモ法の詳細に関してはココでは語らない。てかほんと適当に書いてるだけだから方法もクソもないけど。

 去年の11月下旬に、定期的に襲っては去っていく、「ブログを書いてみたい症候群」を再び発症してしまう。発症5回目くらいかな。そしてこのブログを開設。ただ発信したいことを適当に書いていった。そして3記事くらい書いて、ネタが尽きるのかと思いきや、尽きない。そしてさらにメモ帳を手にとってめくってみると、ネタがたくさん書かれている。15秒で文章化できそうなことから、30日かかっても完成しないようなアイディアまでが掲載されていた。ここでハッと気づく。↓

 

 ブログが続かなかったのは、「書くネタがなくなった」ではなかった。正確には「書くネタは思いついたけど、思いついただけで記憶にとどめようとしなかった、そして、いざ書こうと思ったときに、ネタを頭の奥から引っ張り出せなかったから」なのだ。長っ。

 何かアイディアが思いついたら、とりあえずメモする。ペンもって紙に書くという行為によって、脳にアイディアが少し刷り込まれる。こうすると、いざブログを書こうとする時に、以前考えたことが思い出しやすくなるのだ。もしメモしなかったら脳みそへの刷り込みも弱まるので、後で思い出しづらくなるのだろう。また、メモした後、ネタを忘れても、メモ帳を見ればすぐに思い出せる。だからブログのネタはプリプリ生産されて、かつ忘れてもすぐ思い出すことができる。だからネタがが尽きない

 

 たぶん、上のようなことが起こってるんだろう。俺の頭の中で。てかメモ以外にブログが続いている理由がわからない。(以前に比べて夜が暇になっているってのも大きな理由かも…ここまで書いて気づいた…)

 さあ、3日の壁は突破した、どこまでいけるのか。頑張ろう!と思ったが、所詮つぶやき。気を抜いて書け俺。