abulageとことば

言語、語学学習に関することをメインに呟きます。語学の才能はないです。

沖縄県民のくせに沖縄の発展に関心がない

 どうせ働くなら、「生まれた沖縄のために!」と以前は思っていた。でも沖縄人ってなんだよと考えるようになってから、そんなのどうでも良くなった。

 

 最近、沖縄はなんとなく発展してきてるなーってのを実感する。補助金などでシャブ付けになって様々な公共工事が盛んに行われたり、ANA那覇空港を拠点としたり、米軍基地の跡地がものすごい発展したり、レンタカーの「わ」ナンバーが足りなくなるほど観光客も来ているみたいだし。

 だけど、これまでの沖縄の発展っぷりに疑問を呈す人もいるみたい。「沖縄らしさ」が失われていく、といったような懸念を抱いているようだ。確かに、沖縄の今の発展具合を見ると、どこにでもあるような地方都市を作ろうとしてるのかなーと思わざるを得ない。(その代表例としてよく挙げられる那覇新都心の風景)。

そこから「沖縄らしく経済的にも文化的にも発展させればいいさー。」という考えがでてきた。それがこの沖縄21世紀ビジョン。(とくに将来像①と③か) 以前の誇り高き沖縄人だった俺なら、「なんと素晴らしい計画なんだろう!このビジョンを実現しなければならない!」と意気込んでいたかもしれない。そして、そのために日々がんばって働いていただろう。いや、別に政治家でもなんでもなく、ただのサラリーマンだけどさ。

 

でも、「沖縄らしさ」って何?今の俺にはこの「沖縄らしさ」っていうのに何か胡散臭さを感じるんだよね。いやー伝統とか文化とかって聞こえはいいが、なんか胡散臭い。あーこれをまとめるのは次にしよう。長くなる。

てか、「21世紀ビジョン」が出来上がっても、発展の仕方って全然変わってないよな気がする。「沖縄らしさ」なんて曖昧で取り掛かりづらいから、経済的な発展計画だけが先走ってるのかな。相変わらず補助金を利用して、海を埋め立て土地を作り、そして大型小売チェーン店をずらっと並べる。渋滞解消のためにバイパス道路や高架橋を作りまくって景観を散らかしまくる。渋滞が一時的に解消されたかと思いきや車がどんどん増えるのでまた渋滞。そして、どこにでもあるような没個性な町並み。

 

俺は「普通の地方都市のように発展」するのはあんまり好きじゃない。何処にでもある風景なんてつまらないから。ならば「沖縄らしく」発展することを意識すればいいんじゃないかと思っても、「沖縄らしさ」ってのがわからないし、とにかく胡散臭い。

何も影響力もない俺一人が沖縄の発展の仕方に意義を唱えたってどうしようもない。そもそも、俺が嫌う今日の発展、または沖縄ビジョンに則った発展は、沖縄県民の大多数が望んでるみたい。

いくら考えても現実の世界が変わることはないので(当たり前)、もう「沖縄の発展なんてどうでもいいな」と思うに至った。そんなことに囚われるよりは、自分自身どう生きるかを考えたほうがマシ。そのほうが人生も楽しいだろう。沖縄なんて小さくて狭くて曖昧な枠組みにこだわる必要は無い。

 

まあでも、沖縄を拒絶する必要もないな。グダグダ考えてみたい。