読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

abulageの日記

字数無制限のつぶやき

時の流れに身をまかせるだけの業務引継で年功序列ガッチリ?


テレサ・テン ~ 時の流れに身をまかせ~ - YouTube

 

経験でしか仕事が身につかないと言って、

ろくに引継書も作らず、引継体制も敷かない。

仕事をやりながら当たって砕けろ、そうして覚えろ、的な引継方。

新人教育に関しても同じ。

 

この引継方法だと、会社内の年功序列体制がガッチリ固まるんじゃないかな。

なんでかって?

時間をかけて経験をつんだ人が、仕事ができて、えらいから。

 

もっと極端に言い換えると、

時間をかけて経験を積むことによってしか、仕事をこなすことができない。

だから、長く仕事に携わっていた人、つまり年長者しか仕事ができない。

よって年長者は偉い。

 

もちろん、経験でしか身につかない仕事もあるとは思うけど、

 

たとえば、膨大なデータから必要な情報の取り方、

それもアイコンと実行ボタンを数回押せばできるような簡単なものも教えない。

見積り方法も教えない。会社内にある見積書のフォームの在り処も教えない。

いつもやりとりする必要のある取引先のことも教えない。

新入社員に対しては、業務で使用する専門用語も教えない。

 

こんなのばっか。

 

きちっと研修体制を組めば、新人でも2週間で出来そうな、

簡単な業務を教えないので、

仕事ができる人材になるまでに1年以上はかかる。

上司が部下に追い抜かれたくないから、

ろくな引継ぎや新人研修を行わないんだろうか?

と疑ってしまう。

 

社員をセミナーとかに参加させて、人材教育を充実させよう!と意気込むより

まずは足元を見て頂戴。