abulageとことば

言語、語学学習に関することをメインに呟きます。語学の才能はないです。

殴り書き

いろいろ、ブログの下書きを書いてきましたが、その文章は下書きのままでそのまま放置されてしまいます。

 

適当に文章を書こうにも、自分の性格のせいか、キチンと文書を書こうとしてしまいます。

キチンと文章を書こうとすると、とんでもなく自分のエネルギーを消費してしまいます。

なので、結局面倒くさくなって、文章が下書きで終わってまいます。

あと、キチンと書くのは、とんでもなく時間がかかってしまいます。

 

仕事でも、メールの文面をキチンと整えようとするあまり、時間がかかってしまい、結局、業務時間がどんどん長くなり、そうなるとなかなか定時で帰れません。

結構こののめり込む性格は、実害をこうむってるかもしれません。

 

ある程度体裁の整った文章を、短時間で済ますよう、このブログで練習できればないいなーと思います。

僕は、一旦文章を書いてしまうと、その作業にのめりこんでしまうのですが、つい長い時間と大量のエネルギーを消費してしまう…

そのため、文章を書こうと決意しても、ついつい躊躇してしまいます…

 

まずは、早く書くことを意識してみます。

殴り書きを意識しよう。

 

林真理子さんは、ほんの30数分で400時原稿用紙6枚分のエッセイを書き終えると情熱大陸で放送されていました。

理想は林真理子さんの書き方ですね。(彼女の著作は一冊も読んでねぇ…)

 

早く書くためにもコツはあると思うけど、全然わからないので、とりあえず心の中にある考え方をここのブログにガツンと書き込むことを意識します。

ガーッ!!!っという漢字で、まさに「殴り」書き。