読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

abulageの日記

字数無制限のつぶやき

語学マスターへの道~暗唱その方法~

中国語 沖縄語 英語

私にとって最良の語学取得法はやはり暗唱でした。

暗唱には時間がかかるものの、無機質な単語暗記や例文暗記にくらべると意外と面白く、思いのほか学習を継続することができました。

また、その暗唱方法も、スマホやらwebサービスを活用すれば、わざわざ分厚い教科書を持ち運ぶ必要もなく、いつでもどこでも暗唱練習ができてしまいました。

その結果、現在において、昔の中国語の教科書を引っ張り出して、中国語文の3分の1だけ覚えただけにもかかわらず、中国語の電話が以前よりも明瞭に理解している自分がおりました。

たしかに暗唱は結構キツイ勉強法ですが、確かな進歩が目に見えるので、モチベーションが保ちやすいです。

さて、このやり方で、いままで問題集を見ては嗚咽をもらしてきた中国語検定2級に挑めるのかどうか。それはわかりません。

ただ、検定に受かるかよりも、いま目の前の中国語を使う仕事を上手にこなすか、それが重要なので、まずはいま手元にある会話中心の教科書を完全に暗唱してみたいと思います。

 

 

私の方法を下記のとおりまとめてみますので、参考まで。

 

用意するもの

●外国語教科書(読むだけなら100%ちかく理解できるレベルのもので、音源のあるもの)

スマホ

Evernoteのアプリ(もちろんアカウント登録も)

●教科書の音源

●イヤホン

 

方法(Evernoteスマホへのインストールとアカウント登録は省略)

 

Evernoteトップ画面で+ボタンを押します。

②カメラをタップします

③このカメラで教科書のページを撮影します。

自動モード(左上)で撮影すると、カメラが教科書のページ範囲を自動で読み込み、その読み込んだ範囲で撮影します。

この読み込みがうまくいかない場合は自分でスマホを動かしてカメラ撮影範囲を決めて撮影してさい。

④その後、保存確認画面がでてきます。写真下部にある形式選択項目で「文書」を選びます。そうすると、教科書のページがまるでスキャンしたかのように画像処理されます。

⑤この画像を保存して、あとはノートのタイトルを適当に入力します。

スマホの見てひたすら音読、暗唱を繰り返します。

スマホなので、いつでもどこでも音読、暗唱することができます。

暗唱中にふと思い出せなければ、スマホをチラ見、そしてまたひたすら声にだして覚えるなどの使い方ができます。

また、音源もスマホに入れておけば耳からも覚える事もできます。

上から目線

つぶやき

 何でしょうこの成長せねばならないという圧力は。

洗練させなければならないのか何もかも。

 

頑張った先に何がある。死あるのみ 。物なら風化。

 

自発的に自分を磨くならまだいい。

何でお前に線引きされなければならんのだ。

 

お前が満足したところで飯が食えるようになるわけでもない。作品が残るわけでもない。

仕事をやめる最もらしい理由

つぶやき

とにかく 今の仕事を辞めたい。その理由は、 ただ何もしたくないから。そして今の仕事がつまらなすぎて辛い、変にプレッシャーがあって辛いから。頑張っても頑張らなくても給料上がらんしね。頻繁に配置転換させるのも大いに不満があるし。

 しかしそれを今の会社に言ってしまうとなんか角が立ちそうなので 何かいい理由はないものか思案思案。

 

 やりたいことがあるから、やめる。

これが一番いい、では何をやるか。特になにもしたくはないんだけど。大学再進学、公務員就職、世界一周、農業、

 

ほかには 他には。これでは理由として弱すぎるし大変。結局 何もしたくない。まずはひたすら休もうか。

改行

つぶやき

一文を書くとすぐ改行、一行を開けて次の行へ、そこからまた次の文章を書く。

 

このように書かれたブログが読みやすいなーとかつて思った。

 

違った。

 

マウスホイールをゴリゴリ回すのが面倒くさい。

 

そして、画面全体をざっと見渡せば、ある程度なら一瞬で文意を理解できるから、

 

ぎっしり詰まった文書はじつは読みやすい。

 

だから改行も程々に俺もブログを書いてもいいかと思ったこともあるが、結局その時の気分に任せて改行している。というか普通に学校で書かされるようなレポートみたいにかけばいいかな。エンターキーを押す手間も省ける。

 

ここ最近~2016年10月16日までの読書、鑑賞リスト

ずーっと前にミクシィフェイスブック

自分が読んだ本、見た映画作品、

を適当にランキング形式にして、記録していた。

 

今回は、なんとなくこのブログで記録してみよう。

ただし疲れるので、ランク付けは無し。コメントもなし。

このリストから、今の自分の心にあるもやもやが少しは見えてくるのだろうか。

 

カギかっこなし…映像作品、『』…書籍類

古畑任三郎

ハングオーバー part1, part2

フランケンシュタイン対地底怪獣バラゴン

戦艦ポチョムキン

ケイゾク(←中谷美紀主演ドラマ)

真田丸(継続鑑賞中)

・独眼竜正宗

・『しないことリスト』pha 著

・『不屈のユダヤ魂―ヘブライ語の父 ベン・イェフダーの生涯』ミトルズ※途中で挫折

・『山之口獏詩集』岩波文庫 ※時々手に取って読む程度

シン・ゴジラ

・『世界を変えた10冊の本』池上彰

・『語学で身を立てる』集英社新書

・『人工知能は人間を超えるか』角川EPUB選書 ※途中で挫折

・『世界一周ホモの旅』サムソン高橋、熊田プウ助 著

・『ダレセン!Yes,all i need is Love!!』熊田プウ助 著

・『脱資本主義宣言』鶴見済

・『20代で隠居生活』大原扁理 著

・『人生がときめく片付けの魔法』近藤麻理恵

・『日本人の働き方の9割がヤバい件について』谷本真由美 著

・『残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法』橘玲

・『沖縄イメージの誕生 青い海のカルチュラルスタディーズ』多田 治 著 ※途中で挫折

 

ぜんっぜん読んでも観てもいないんだな…ここ半年くらいの記録だというのに…

特に上記リストの後半あたりから、なんか人生に幻滅している感じが漂う。

 

でも疲れていれば疲れているほど、読書や観賞よりも、

だらだらとインターネットサーフィンしてしまうんだよ…

俺に語学の才能はないんだよ。心のそこからそれを認めろ。

つぶやき 英語 中国語

www.ye-study.com

 

 大学受験時代からこの英語学習サイトの存在は知っていた。その時はあまり認めたくなかったかもしれん。俺に語学の才能がないことを。かつ、受験まで半年を切っていたころにこのサイトを見つけたので、ここで推奨されているような、悠長な英語学習をやっている余裕もなかった。(死ぬ気でやれば、できたんだろうけど)

 とある理由で、英語の学習を再開、中国語の学習もしなければならなくなった。

愕然とした。全然身につかないのだ。英会話教室に言っても、英語の暴風雨を浴びせられては絶望し、youtubeで英語学習、中国語学習をしても、画面の向こうの話者は容赦しない。英文サイトもちんぷんかんぷん。

 

www.alc.co.jp

 ↑で、たとえば赤毛のアンの原書を呼んだのが役立った、的なことが書かれている。でもまて、この人が原書を読んでるときってちょうどカナダ留学してるときじゃねーか。そして極めつけは高校一年の留学とはいえ、その高校が全国屈指の進学校というね。つまり天才なんだよ。英語の基礎なんてとっくのとっくに出来上がってるんだよ。じゃないと留学もいかないよ。

 

俺に言い聞かせる。お前は語学の才能はない。ぜ~んぜんない。だから、嫌いな人なりの勉強法をするしかないんだよ。文法を極めて、精読から初めて、ほんとに基礎の基礎を固めまくるしかないんだよ。まあまあ名のしれた大学に合格したとはいえ、それは英語ができたから入学したんではなくて、その他の教科で英語の失点を補ったからにすぎないんだよ。

 

ネットで調べてみると、文法が大事といっている意見は結構多数派な気がする。

英語上達完全マップ●文法

でも、現実世界(俺の周りだけか?)には、習うより慣れろ!の勢いで言葉の砲弾を浴びせかける英語セミナーや中国語セミナーばっかり。このまえなんて、なんかのビジネス雑誌をみたら、受験英語はもう役に立たない!って書かれてた。受験英語が役に立たないのなら、俺がいまやろうとしている、文法重視、精読重視の勉強方は何なんだ!

 

慣れろ!の前に基礎力がないんだよ俺は。

 

昨今の英語業界は、英語が得意な人、できる人、バイリンガル、ネイティブの発言力が強すぎて参考にならん。

 

語学の才能がないやつの発言力を高めたい。

外国語学習、俺の唯一の成功体験

つぶやき

何でもそうだけど、成功体験ってのは、

非常に強力な効果を発揮するよね。

よい方にも悪い方にも。

 

語学学習をことごとく失敗してきた中で、

唯一成功したのが、

学生時代の教科書丸暗記。

今まで赤点続きだったのが、

これだけで点数がテスト平均点越え

 

もう俺にはこれしかないのか…

結構きついの丸暗記。